スポンサーリンク

おたふくに似ている反復性耳下腺炎にかかったら

反復性耳下腺炎も出席停止?

 

おたふくは流行性耳下腺炎といいます。

 

反復性耳下腺炎もおたふくも、その名の通り耳下腺に炎症を起こして腫れます。

 

腫れる場所は、ほっぺたというより耳の下から顎までのラインです。どちらも耳下腺炎ですから、見た目は同じ。

 

そして、インフルエンザのような迅速検査がありません。医師の経験に基づく診察で、おたふくと診断されます。

 

おたふくに診断されたら、学校や保育園・幼稚園はお休みです。でも、学校を休むのは本人があとから勉強についていくのに大変な思いをします。

 

親も家にいないといけませんから、仕事は出席停止が解除されるまでお休みしないとなりません。

 

医師側は、安全策をとって「おたふく風邪でしょう」と診断しがちですが、親としてはおたふくか反復性耳下腺炎かどうかは大きな違いなのです。

 

反復性耳下腺炎の場合は、耳下腺が腫れるたびにおたふく扱いで出席停止になってしまうのでしょうか?

 

血液検査で抗体を調べてもらう

反復性耳下腺炎になるたびに1週間近く学校を休んでいたら大変です。では、どうしたらおたふくでないことを証明できるのでしょうか。

 

人間の体は、一度あるウイルスに感染すると、後日そのウイルスに対して戦う力を獲得します。

 

それが「抗体」です。

 

ですから、採血でおたふくのムンプスウイルスに対する抗体を獲得していれば、あと腫れた時には反復性耳下腺炎のせいだと言えます。

 

逆に抗体を調べるしか、方法はありません。

 

反復性耳下腺炎は他人にうつるものではありませんので、1度抗体があることを証明されれば、その後は出席停止になることはありません。

 

ですから、面倒でも一度採血をして抗体を調べてもらうと良いでしょう。

スポンサーリンク