スポンサーリンク

おたふく風邪は繰り返す?

繰り返すおたふく風邪

去年おたふく風邪にかかったから、もう再発しないはず…と思っていたら、またほっぺたが腫れた!見た目はおたふくそっくりで、子供も痛いと言っている。

 

またおたふく風邪にかかったのかしら?と、受診する児がいます。こんなことってあるのでしょうか?

 

この場合、3つの考え方があります。

  1. 去年腫れたときが、実はおたふくではなかった
  2. 反復性耳下腺炎である
  3. 歯科の問題による腫れである

おたふくには、インフルエンザのような迅速検査がありません。

 

血液で抗体を調べることはできますが、診察時に全ての子供に検査はしません。結果もすぐには出ません。

 

たいてい周囲におたふくの人がいたかどうか等の問診と、耳下腺の腫れでおたふくと診断します。

 

そもそも、あまり腫れないおたふくの児もいますから、去年かかったものはおたふくではなく、今回がおたふくという可能性もありますよね。

 

おたふくのように見えるものに、反復性耳下腺炎というものがあります。これに罹ると何度でもおたふくと同じ症状を起します。

 

また、耳下腺より前側でほっぺたが腫れたら、歯科の問題によって腫れている可能性もあります。

 

反復性耳下腺炎とは

耳下腺の構造上の問題で唾液の流れがスムーズでないこと、ウイルスやアレルギー等が関与していると言われています。

 

症状は両側ではなくて、片側だけのことが多く、痛みもおたふくより軽いようです。

 

耳下腺炎は中学生くらいになるとあまり起こさなくなりますが、
それまではどちらに罹っているのかわかりません。

 

ですから、反復性耳下腺炎もおたふくと診断され、出席停止扱いになってしまうのです。

スポンサーリンク