スポンサーリンク

ワクチンはいつ受ける?効果は?

おたふくのワクチンはいつ受ける?

おたふく風邪ワクチンは、現状では任意接種となります。

 

1歳を過ぎたあとで受けることができますが、親が自発的に接種を希望して医療機関で予約を取らないと接種できません。

 

任意なので、行政からの通知もありません(重要)

 

ですから、何歳から受けられるか?
どうしたらよいのか?を知らない親御さんもいらっしゃいます。

 

1歳で受ける麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)の接種のときに
水疱瘡(水ぼうそう)と併せて進めてくれるクリニックもあります。

 

どちらも自費ですから、ワクチンは自己負担です。
7000円から10000円程ですが、金額は医療機関によって違います。

 

ワクチンの効果はどのくらい?

ワクチンを接種したら防げるかというと
定期で定められている麻疹・風疹・日本脳炎・破傷風・結核ほどの確実性はありません。

 

ワクチンを接種していてもおたふく風邪にかかることはよくあります。

 

しかし、ワクチンを接種していると耳下腺の腫れや痛み
熱といった症状が軽くなる傾向があります。

 

おたふく風邪になったとしても、合併症に至る確率を下げることになります。

 

おたふくで怖いのは合併症の方です。
おたふくによる難聴は、今でも治療方法がないのです。

 

おたふくになってしまうと学校や保育園は出席停止になります。

 

ワクチンを受けているとクラスで流行しているのにかからずに済むということもあります。
100%防げるわけではないけれども、そうなればラッキーというくらいで受けると良いでしょう。

 

インフルエンザと違って、毎年1回もしくは2回受ける必要はありません。

 

おたふくにかかって合併症を起こしてから
後悔することのないように任意であってもワクチンは受けておきましょう

スポンサーリンク

関連ページ

おたふく風邪のワクチンは任意接種
おたふく風邪を防ぐワクチンは任意接種です。
おたふくのワクチンは、受けたほうがいい?
おたふく風邪のワクチン接種は受けたほうがよいのでしょうか?
接触後の緊急ワクチン接種は効果あり?
接触後の緊急ワクチン接種は効果があるのでしょうか?